やまと整体 骨盤調整

施術

a:2681 t:1 y:0

パパを娘さんも一緒に施術

          骨格・筋・膜・神経の調整  飛ばして頂いて結構です

 骨格調整をもう少し詳しく説明させて頂きますが、私の考える骨格は非常に力学的なもので、地球の重力と日常生活での身体の使い方が大きく影響しているものと考えて居ります。

 まず初診時に症状をお聞きした上で、骨格全体を見せて頂きます。その時私が最も重要視するのが、左右の股関節と骨盤にある仙腸関節の歪みです。

小次郎
 我々が立って日常生活してゆく時、体重や様々な動きの反作用は地面から足の踵骨(しょうこつ・かかと)に伝わり、足首の関節から脛骨、膝関節、大腿骨から股関節へと伝わり、左右の寛骨へと力が入力される訳です。

 この時、骨盤への入力ベクトルに左右差がありますと、当然骨盤に傾きが生じ、この骨盤が身体の土台ですから、その上にのっている脊柱にも当然傾こうとする力が作用してしまいます。

しかし人間の身体は倒れず24個の脊椎が微妙にバランスをとり、 Sの字を描きながらしっかりと目線は地面と平行を保とうとするんです。
                   ワッフル

 しかしその人間の素晴らしい機能は分かったのですが、バランスをとる為に全身の筋肉はどれくらい余分な緊張を強いられているのでしょう。

左に傾こうとしている身体を右側の筋肉は必死に支えている事でしょうし、左側の筋肉はバランスをとる為に伸びていなければなりません。仙腸関節の動きと対応してバランスをとっている顎関節にしてもそうです。
 人間の身体を全体的に見てきた時に、今述べてきた事も一面にすぎません。
この逆のパターンも多くの方の身体を診せて頂いていると存在している場合が多々あります。

つまり右手を酷使し過ぎた為に、疲労が腕だけにとどまらず、肩や肩甲骨周辺、更に右脊柱起立筋にまでおよび、この筋郡を緊張させ、右腸骨を引き上げてしまい、右の股関節にまで偏位をきたす場合が随分あります。
 この場合手の指先から腕、肩周辺から右背面を緩めると楽になってしまう場合が多いのは、そんなことからだと思うのです。

 顎関節にしてもそうです。骨盤が傾いて下顎も傾いた状態で噛み合わせの調整を歯医者さんでしてもらったとします。そうすると仙腸関節は傾いた状態で固定されたと一緒ですから、今腰痛は無くてもいずれ出てくる事になるのです。

 既に腰痛がある方は整体で骨盤の調整を済ませてから歯の治療をされる事をお勧めします。歯の治療後に整体にいらして、骨盤調整をすると噛み合わせがしっくり行かない事が多々あるのはこの為です。 
モモ

 頭蓋骨が動いているのを皆さんは御存じでしたでしょうか?
標本を見ると縫合線が確認出来ますが、そこが微妙に動いて、やはり全身とのバランスをとっているのです。これはどうも肺呼吸と深い関係がありそうでして、私達が頭蓋調整する時には患者様の呼吸を見ながら優しく圧を加えていきます。そうしますと、頭蓋内の圧に変化が起こり、自分にとって具合の良い位置に、自ら動き出す様です。

 どこを調整する時もそうですが、患者様が気持ちのいい様に動かさなくてはならないと、私は考えて居ります。人間にはホメオスターシス(恒常性)というものがあり、常に全身でバランスをとろうとしています。
 血液、体液にしてもそうです。酸性でもアルカリ性でもプラスでもマイナスでもいけないのです。常に中庸、でなくてはならないのです。
小次郎

 しかし安心して下さい。人間の身体は非常に高度で厳密に自分を管理しています。安易に薬を飲んだり、注射をしたりしないで、自分を強く信じて行こうではありませんか。自分を信じられなくて、何が信じられますか? 

 私の考える最も良い治療タイミング・・・初回の治療後、通常の筋力の方の場合、翌日には半分戻ってしまい、翌々日にまたその半分、1週間程で元の黙阿弥というのが、一般的に言われているパターンです。

 しかし、私はそう一概には言えないと考えて居ります。
と言いますのは、その方の筋力や、習慣、癖、ストレスの量や食生活等、それはそれは多岐に渡るからです。そこで私は、患者様の年齢や経済状況、また現在どの位悩んでいるか・・・によって、取り敢えず今の痛みから解放されればいいと考えているだけなのか、それともあらゆる方法を駆使して、二度と今の痛みは味わいたくないと考えているのか・・・によってアプローチの方法もやはり変わってきます。

 例外もありますし、長期に渡る施術が必要な方も居られますが・・・

 やまと整体最終目標 もっとも好ましいのは、私が話す「骨盤を歪みにくくする体操」「骨盤の歪みをとる体操」「やめよう骨盤を歪める生活習慣」等を日常生活の上で実践して下さり、整体に来なければならない状態を極力減らす努力をして頂く事です。

そしてもう一歩踏み込んで、整体に来なくても良い身体を作り出すのが、やまと整体の最終目標です。そうなった時には、仏門に入ろうと考えて居りますので、今度は檀家さんになってくださいな。

(@_@;)なぜ、犬の写真が出てくるのか疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。犬は疑いませんから、プラズマ治療がとても良く効くんです。

それで時々犬も治療に訪れる訳です。決して積極的に行っている訳ではありません。勿論人間をメインに施術しております。
途中、写真が入っていた方が、長い文章が読みやすいかと思いまして

a:2681 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional